英語の早口言葉「Tongue twister」で発音矯正!?


いつもおしゃれなTeacher Carlaだけど、なんだか今日はサッカーのブラジル代表のようだ。そういえば、今日ブラジル戦あったもんね。「ブラジル代表っぽいね」って言ってみたけど、多分通じていない・・・(笑)

英語の早口言葉 Tongue twisterで発音矯正

Teacher Carlaの「発音矯正」の授業で、英語の早口言葉「Tongue twister(タンツイスター)」を練習しています。
アナウンサーが滑舌を良くするために早口言葉の練習をしますよね。それと同じで、英語もスラスラと話せるように、タンツイスターで滑舌を良くするのです。
私が英文を読むと、カクカクしていて全然美しくない。Tongue twisterでスムースに話せるようになるのか楽しみです。

英語の早口言葉の英文

今日の授業で練習した早口言葉は、以下の2つです。全然舌が追いつかなくて、とても大変。本当に舌がねじれてしまいそう。

A big black bug bit a big black bear, made the big black bear bleed blood.
(大きな黒い虫が大きな黒い熊を噛んで、大きな黒い熊は血を流した)

Ruby Rugby’s brother bought and brought her back some rubber baby-buggy bumpers.
(ルビー・ラグビー兄弟は、彼女のために、ゴムのバギーのバンパーを買って持っていった)

えーと、英文の意味があっているかはわかりません。意味は気にしなくていいと言っていたので、ご了承ください(笑)
ぜひとも早口言葉にチャレンジしてみてください。明日から、寝起きに練習しようと思います。

今日のごはん

煮魚定食

煮魚定食。この魚、なんだろう?

今日の英文

Opportunity is missed by most people because it is dressed in overalls and looks like work.
(多くの人はチャンスを見逃してしまう。チャンスは作業着を着ており、大変そうに見えるからだ。)

今日のフリークラスで習った、トーマス・エジソンのことばです。人が好まないような作業、気の遠くなるような作業を、地味にコツコツと行っている人が、チャンスを掴む。本当にそうあってほしいと願ってます。